1日3食必要なのか?3食の意味を解説!

食事管理

こんにちは
管理栄養士のISHIRIE(いしりえ)です。

今日のテーマは

1日3食、食べたほうがいいの?

です。

 

結論は、

色々考えずに、1日3食、食べましょう!

です。

先日、テレビで女性芸人さんがこんなことを言っていました。

1日2食しか食べてないけど、全然体重減らないんだよね…

有名な芸能人でも知らないんだ!と
少し驚いてしまったのですが、答えは簡単です。

1つずつ解説していきます!

食事の量を減らすのになぜ減らないのか?

確かに、食事量を減らすと、短期的にみ見れば体重は減ります。
ただ、半年後は?1年後は?10年後は?
体重は元通り、どころかほとんどの人がリバウンドしています!

食事量を減らしているのに、太る理由は簡単!

食事の量が足りない

代謝が落ちる

太りやすい体質になってしまった

以外とシンプルだと思いませんか?
ただ、
代謝が落ちてしまうと、
痩せる体質に戻るには時間がかかってしまいます。

なぜ食事量を減らすと代謝が落ちるのか

ダイエット中の人は、
食事をするから太る
と勘違いしている人が多くいますが、
そうではなく、

食事をして、カラダに必要なエネルギー(カロリー)をとる

カラダのサイクルが回る(食事からのエネルギーを源に)

代謝が活発になる

カラダの増えるものは増え、減るものは減り、カラダが循環する

循環していないと、
体に溜まる一方なので、体重は減るどころか増えてしまいます

代謝が減るとどうなるのか?

私が担当した方の多くは、下記のような悩みを持たれていました。

  • 排便が定期的に出ない
  • 排便のにおいが強い(きつい)
  • 体臭が以前より強くなった気がする
  • イライラする
  • 体が常に重い
  • 肌の調子が悪い
  • 髪の毛に元気がない

などなど…
ちょっとぞっとする内容なんですが、
本人は、
食事量を減らしたことが原因だと思ってないことがほとんどです。

3食とることに意味がある!

3食の意味は、一般的にはこのように言われています。

 朝食

 ・1日のはじまりをセットするために必要な食事
 ・カラダのスイッチを入れる意味があります

 昼食

 ・午後の活動に必要な栄養素などを補給
・リフレッシュし午後からの活動の英気を養う

 夕食

 ・寝ている間に1日の疲れを復活させるために必要なエネルギーや栄養素を補う

きちんと3食の意味を理解すると、
1食1食の大切さがわかりますよね!

残りの人生 × 1日3回
の食事しかないと考えると、抜いている場合ではないのかもしれませんよね!?

健康リテラシーを上げて、
健康な体を手に入れましょう!

by ISHIRIE(いしりえ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました